男性でも更年期障害になる|症状を見逃さないようにしよう

女医

腰痛のもとになる病気

医者と看護師

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎部分の骨の間にある椎間板と呼ばれる組織が変性し、神経を圧迫して下半身に痛みやしびれを引き起こす病気です。自然に軽快することもありますが、治療が必要な場合は保存療法や外科療法によって治癒を目指します。

Read More

がん検査をリサーチ

ウーマン

横浜クリニックにはさまざまな種類のがん検査を受けることができます。検査の内容によって精度も変わってきますし、料金も異なります。しかし、がんは早期の発見と治療が大切なので、まずはがん検査を受けてみることが重要です。検査内容を比較して検討していきましょう。

Read More

納得のいく治療方法を見つける

女医

患者の希望を尊重したがん治療を行なってくれるのが、池袋クリニックです。がんの種類によっても治療方法は変わります。担当の医師としっかりと相談をすることで、安心して治療を受けることができます。長い治療が必要になるので、信頼できる医師を見つけましょう。

Read More

女性だけの病気ではない

婦人

女性の更年期障害は、閉経前後という比較的分かりやすいタイミングで起こります。しかし、男性の更年期障害の場合、40代から70代と幅広い年代で症状が見られるため、あらわれている症状が更年期障害であるかどうかを判断するのは簡単ではありません。主な症状としては、けんたいかんやほてり、肩こり、気分の落ち込み、うつ症状、性欲減退などがあります。男性の更年期障害は、一般的ではないためにうつ病と診断されてしまうということも少なくはありません。中高年以降に、イライラ感や倦怠感、集中力の低下などの症状が見られた場合には、早めに泌尿器科を受診するようにしましょう。ただし、泌尿器科によっては、男性の更年期障害に対する知識が乏しい場合もありますので、注意が必要です。

男性の更年期障害に対する治療は、男性ホルモンを補充するという方法が一般的です。その他に、更年期障害による症状が見られる場合には、対処療法が行われることもあります。治療を受けるという場合には、男性の更年期障害に対する診療を行っている医療機関に相談をするようにしましょう。治療の方法によって保険が適用される場合と適用されない場合がありますので、治療を受けるという場合には、あらかじめ費用についても確認することが大切になります。更年期障害にストレスは大敵ですので、趣味や集中することが出来ることを見つけるようにしましょう。生活習慣の改善を心掛けるだけでも、症状緩和効果を期待することが出来る場合もあります。